35歳以上の婚活女性で1番のネックは・・・年齢による男女間の意識の差。

婚活女性35歳

 

こんにちは、ブログ管理人のあっきーです。

 

今回は35歳以上の女性の婚活事情について書いていきます。

 

私も実際に婚活していたのは30歳過ぎて35歳を目の前にした頃ですので、いかに現実が厳しいかということを肌で感じたこともあります。

 

何が、35歳以上の婚活女性で1番のネックか?それは、もちろん年齢です。正確に言うと男女間の年齢に対する意識の差です。

 

35歳の婚活女性が希望する男性の年齢というのは、だいたい±4〜5歳程度が一般的だと思います。同年代の男性がいいですよね。

 

ですが、その同年代の婚活男性が希望する女性の年齢というのは、20代後半〜30代前半です。できることなら、20代半ばがイイと思っています。

 

厳しいようですが、35歳から30代後半の女性を希望する男性の年齢層は40代後半から下手すれば50代の男性達です。

 

それくらい35歳以上の婚活女性の意識と同年代の婚活男性の意識にはギャップがあります。

 

さらに、厳しいことを言うようですが、同年代の男性でさらに一般的に女性が希望するようなスペックの男性は20代の女性からもそれなりに需要があるので、なおさら同じくらいの年齢の35歳以上の女性を選ぶことはかなり稀です。

 

婚活では1度は聞いたことがあるかもしれない話ですが、

 

「35歳の美人より25歳の普通の女性」

 

これが30代40代の婚活男性の本音だそうです。

 

 

35歳以上の婚活女性の現実は想像以上。妥協はしないまでも許容範囲を広げる覚悟を!

 

じゃあ、35歳以上の婚活女性はどうすればいいのか?妥協して40代後半の男性と結婚しなきゃいけないのか?

 

もちろん、40代後半でもOKであればグッと結婚への確率は高まると思います。

 

でも、結婚したいからといってそこまで妥協しなきゃいけないのかっていう気持ちもよ〜くわかります。

 

では、どうすればいいのか?

 

妥協ではなく許容範囲を広げることが大切だと思います。

 

すなわち、自分の婚活での市場価値を正確に知るということだと思います。

 

自分のことは棚に上げて、男性にばかり条件を求めるのではなく、自分の身の丈に合った条件で婚活相手を探す。

 

例えば、年収500万円以上を希望してたけど、自分も結婚しても仕事続けるから年収350万だけど真面目に働いていればOKにするとか、身長が170pを希望してたけど、165pしかないけど顔もそれなりに好みだし、優しいからOKにするとか。

 

希望を全て捨てるわけではないけれど、ホントに譲れない1〜2つの条件にして、後は許容範囲を広くもってみる。

 

スペックはどれもこれも希望の条件には足りないけど、話しやすいし優しいからとりあえず付き合ってみる。そんな感覚があれば、婚活もガラッとうまく行きだしたりするのではないでしょうか。

 

私事ではありますが、今の婚約者も年齢は10歳も上だし(おじさんだし)、顔も全然好みではないけど、優しいし真面目で、いつもニコニコしてるそんな人柄に好意をもったのでとりあえず付き合ってみました。

 

今となっては、ホントにこの彼でよかったなぁ〜ってしみじみ思います(^^♪

 

正直、今も婚活してたらって思うとゾッとします。

 

希望を捨てるわけでもないし、妥協ばかりするわけでもないけれど、自分の価値を知り、今の許容範囲を少しづつ広げてみる。

 

それができれば、あとは出会いの数さえ増やしまくればそのうち、イイ人に巡り合える気がするんですが・・・どうでしょうか(^^♪

 

⇒あっきーイチオシの婚活サイトはコチラです!